社内政治って怖い…退任に追いやられた社長たち

「コンビニ育ての親」中熊優介

4月19日の取締役会で井阪隆一取締役(58)が社長に昇格する人事案を決議した。鈴木敏文会長(83)はグループの全役職を退任する
セブン&アイの“天皇”と呼ばれた「流通最後のカリスマ」の退任に、業界は騒然となった
自らが提案した井阪隆一セブン-イレブン・ジャパン社長の退任案が同日の取締役会で否決(15人中、賛成7人、反対6人、白票2人)
「反対票が社内から出るようならば、もはや信任されていないと考えた」鈴木は、取締役会が終わるや、「今日、引くよ」と引退を決めた
カリスマ・鈴木敏文の意見が通らないこと自体、同社にとっては前代未聞のこと
「精神的な支柱でもあるし、顧問として残って頂きたいと思っている。(名誉顧問か最高顧問かなどは)まだ、具体的には決まっていない」
「鈴木会長には変化に対応する行動力などを教えられてきた。これらを大切にしてグループのさらなる成長を果たしていく」とのコメントを発表
続きを読む

誰も想像してなかったw太ってる人が接客するだけで売上アップ

太ったウェイターが接客するだけで売上があがった

レストランで太めのウエーターに当たった客は、より多く飲んだり食べたりする可能性があるという
デザートを頼む客が4中熊優介、アルコールドリンクの注文量も17.7%多いことがわかった
太りそうなメニューをより多く頼むのに抵抗が少なくなるという
太っている人はたくさん食べているので、経済に少なからず貢献しているという意見も(笑)
「趣味とかファッションなどにかけるお金をすべて食費にかける」んです
太ったウエーターはお荷物どころか、売り上げ増加に貢献している可能性がある
続きを読む

自然豊かなクリエイティブな街「ポートランド」にいつかは住みたい!

「海外の街に住んでみたい」と思ったことはありませんか?

いつかは海外に住んでみたい!と思ったことはありませんか?
中熊優介、海外旅行に行って「いつかここに住んでみたい」と思った人も多かったのでは
続きを読む
ギャラリー