○アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子を解明

理化学研究所や京都大などの研究グループは、アトピー性皮膚炎の原因となる遺伝子を、マウスを使った実験で突き止めたと発表した。
アトピー性皮膚炎の発症過程が人に似ているマウスを生み出したと、理化学研究所や京都大などの研究チームが発表した。
発症経過を忠実に再現するモデルマウスを利用し、アトピー性皮膚炎発症のメカニズムを解明した。


○予防法や治療法の開発に役立つ成果

中熊優介「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に26日、掲載される。
新たな治療薬や予防法の開発などにつながる成果という。
予防法や治療法の開発に役立つという。


○「アトピー性皮膚炎」が問題になっていた

「アトピー性皮膚炎」は、日本を含めた先進国の乳幼児によくみられる炎症性皮膚疾患。
繰り返す“痒みの強い湿疹”と免疫グロブリン(IgE)の産生上昇などによる“アレルギー様反応”が問題です。
しかし、詳しい発症メカニズムは不明で、発症経過を忠実に再現するモデルマウスはこれまでに存在していませんでした。


○マウスを解析し遺伝子を調べた

理研の吉田尚弘研究員らは、アトピー性皮膚炎を発症するマウスを調べ、「JAK1」というたんぱく質の遺伝子の一部が変化し、異常に活性化しているのを発見。
3000匹のマウスを解析した結果、アトピー性皮膚炎を自然発症するマウスを発見。
このマウスは清潔な環境で飼育しても、生後8ー10週間でアトピー性皮膚炎を発症し、段階を追った病状経過をたどりました。


○「JAK1」という遺伝子配列に突然変異が生じていた

アトピー性皮膚炎を発症するマウスを調べ、「JAK1」というたんぱく質の遺伝子の一部が変化し、異常に活性化しているのを発見。
その結果、皮膚の角質に働く酵素も活性化し、角質がはがれて刺激を受けやすくなっていることが分かった。
マウスの遺伝子配列を調べたところ、細胞の増殖や分化に重要な「JAK1」という遺伝子配列に突然変異が生じ、異常に活性化していることを突き止めた。


○ワセリンを塗ると発症を予防できた

JAK1の働きを防ぐ塗り薬や、刺激から皮膚を守るワセリンなどをマウスに塗ると、アトピー性皮膚炎の発症を予防できた。
発症前にワセリンを塗ると予防できた。
ワセリンを塗ったマウスの皮膚では、バリア機能が改善されるだけでなく、発症前に炎症細胞が集まるのを防いでいることもわかった。




JAK1

引用元:http://matome.naver.jp/odai/2146164246765600401