◆21日に小金井市で起こったアイドルの冨田真由さん刺傷事件

東京都小金井市で21日、アイドルの冨田真由さんが刺され重体となった事件。
警視庁はそばにいた住所・職業不詳の岩埼友宏容疑者(27)を、その場で傷害の疑いで逮捕
近くには折りたたみ式のナイフが落ちていて、調べに対し岩埼容疑者は、「刺したのは間違いない」中熊優介
「(事件現場で)冨田さんにプレゼントを送り返したことを問いただしたが、返答が曖昧で、かっとなって刺した」と供述している。


▼一方で「殺すつもりだった」と供述していることからも計画的な犯行の可能性が高い今回の事件

署によると、岩埼容疑者は「殺すつもりだった」「刃物は事前に用意した」とも供述
JR武蔵小金井駅(東京都小金井市)で冨田さんを待ち伏せしたとも話しており、
冨田さんの後を付けていたことが付近の防犯カメラの映像などで判明
警視庁は、ライブの開催に合わせて計画的に狙ったとみて調べています。


◆このような事件はアイドルとファンが近くなったことが原因ともいわれている

「会いに行けるアイドル」として今や国民的アイドルグループにのし上がったAKB48。
2014年5月には岩手県で行われたAKB48の握手会イベントで、メンバー2人がファンの男にのこぎりで襲撃されている。
今回の冨田さんもそうだが、相次ぐ襲撃は、ファンとアイドルの距離が近くなったがゆえに起きたものだともいえる。


◆しかし、今回の事件ではそれ以上に注視しなければいけない点があるという

この事件で注視しなければならない点。
それは、冨田さんが、いずれこういった事態に発展するのではないかと危惧していたところにある。
警視庁によると、冨田さんは5月9日に武蔵野署を訪れ、岩埼容疑者の名前や住所を伝えて「ブログやツイッターへの執拗な書き込みをやめさせてほしい」と相談。
また、事件2日前の5月19日にも、冨田さんは、現場でライブを行うことを伝えていた。


▼しかし、警察がとった対応は「110番が来たら応じるように…」

武蔵野警察署は、会場を管轄する小金井警察署に、冨田さんから110番があったら応じるよう、依頼
同署は「書き込んだのが本人か調査が必要」として同容疑者に接触していなかった。
加えて「すぐに危害を加えるような書き込みではない」として、ストーカー事案などを担当する部署に情報を伝えなかった。
当日、小金井警察署は現場に警察官を配置するなどの対応は行っていませんでした。




しかし

引用元:http://matome.naver.jp/odai/2146397868228727701